利点と注意点を確認

給湯器の種類について

給湯器は、お湯を供給するための装置であり、主に何らかの熱源を利用してお湯を作るものです。一般的な給湯器として利用されている熱源としては、ガスや灯油などの燃料のほか電気や太陽光などがあります。 ガスや灯油を使った給湯器のメリットは瞬時にお湯を沸かすことができるという点で、大量のお湯を必要とするさいに有利ですが、燃料代によってお湯を作るためのコストが変わってきます。また電気も同様にコストが変わってきますが、夜間に沸かしておき貯めておくタイプであれば、比較的安価にお湯を用意することができますが、追加で沸かすといったことができないデメリットがあります。なお、電気式の給湯器がありますが、大きな電気が必要になり、また日本では普及していないこともありコスト面でやや不利です。

利用するメリットとは

給湯器を利用するメリットとしては、お湯を沸かす必要がないという点です。特に掛け流しでお湯が使えるので洗い物などをするさいに有利で、油汚れなどを落としやすくするといったメリットがあります。またガスや灯油の場合には燃料さえあれば瞬間にお湯を用意できるので、効率よく給湯することができます。 また特に給湯器が必要とされる場所としては、お風呂とキッチンがあります。お風呂では大量のお湯を用意する必要があるため、大型の給湯器が利用され、大量のお湯が供給できるようになっています。現在の給湯器の基本的なレイアウトとしてはお風呂で使われるお湯をキッチンや洗面台でも使えるようにしたタイプが多く、冬場でも快適に洗顔や洗い物を行うことができます。