寿命と交換時期を知る

給湯器の寿命

給湯器の寿命がどの程度かはご存知でしょうか。 結論から言いますと、これは約10年と言うことになります。 この年数の根拠としては、メーカーの定める設計標準使用期間が10年だからだと言えます。 もちろん、実際には10年を超えて使用出来る場合も良くあります。 しかし、10年を過ぎたらメーカーも保守部品を新たに作らない事が多く、壊れたら修理の方法が無いと言うことも多いのです。 また、給湯器は経年劣化などでも壊れますが、これも10年を大きく超えるようには耐久性が考えられていないのがほとんどです。 いきなり壊れてしまった場合の事を考えると、10年を過ぎる頃には故障を警戒した方が良いと言えます。 もし危険信号が出ていると感じたら、寿命だと考えて交換をするべきでしょう。

早めが良い理由

給湯器の寿命を知っておいた方が良い理由としては、その壊れるタイミングにあります。 給湯器は寒い冬には欠かせないものですが、水温が低ければ低い程給湯器に大きな負担が掛かります。 それ故に、既に寿命が来ていた給湯器は、寒い冬のいざ使おうとした時に壊れてしまうのです。 これが非常に困る事なのは、少し想像していただければわかる事と思います。 そして、冬場に給湯器が壊れる事はよく有ることなので、修理や交換を依頼しても待たされてしまう可能性も大きいのです。 また、古くなった給湯器を新しいものに交換する際、設置スペースの問題などから交換がスムーズに行かない事もあります。 対応可能な機種を取り寄せたりすれば、これにも時間が掛かってしまいます。 こういった事から、寿命が来てしまった給湯器は早めに交換するのが良いと言えるのです。